Bluetoothで山手線の乗降パターンを追跡してみた - 高木浩光@自宅の日記
高木浩光@自宅の日記で野良無線LANをキャッチするようにBluetoothを検知してみたとこと。最近の携帯電話はBluetooth搭載が当たり前になってきたところ、こういう問題も発生する。

商業的に活用される懸念、CGM的に蓄積される懸念
私は、このような行為が何ら規制されないのは、プライバシー保護の観点からまずいと思っている。だからこそこのような実演を今している。
これだけ多くの携帯電話が、Bluetooth機器探査に応じる設定のままで持ち歩かれているとなると、マーケティング目的での活用がまず発想されるところだろう。
店内の客がどの棚の前に長く滞在したかを調べるとか、過去に何回訪れたことのある客かを判別するためなどの目的で、商業施設が人々のBluetoothのMACアドレスを記録し、蓄積し、共有するようになるかもしれない。

お、確かに。Bluetooth搭載携帯を持っていて探査に応じる設定になっている人という前提条件はあるが、パターンは把握できる。
現行の個人情報保護法の問題点として
住所氏名と紐付けない限り「個人情報」に該当しない
とある。
作者は
ユビキタス社会の歩き方(6) Bluetoothの「デバイスの公開」「検出可能にする」はオフに
を勧めている。