本当にiPhone OS 3.0のBluetoothではヘッドセットで曲送り、曲戻しはできないのでしょうか。
本業はハード屋でもドライバ作る側でもないのですが、興味本位で調べてみました。

Bluetooth ManiaXさんでも紹介されているBluetooth SIGのページからたどります。
ついにiPhone OS 3.0リリース……だけどもAVRCPには? - Bluetooth ManiaX
iPhone OS 3.0のBluetooth対応プロファイルが明らかに - Bluetooth ManiaX

Bluetooth SIGに登録されているiPhone OSのページを見ます。
iPhone OS - Qualified Design Listing Details - Bluetooth SIG


「>> DISPLAY PICS DETAILS >> 」をクリックするとポップアップが出てきます。
https://www.bluetooth.org/tpg/showCorePICS.cfm?3A000A5A005C5041555F53
そして「PROFILE PICS」にいろいろ書いてあるっぽい。

「Audio/Video Remote Control Profile External to Core」
AVRCPは1.0で、Table 1:RolesにControllerはNo、TargetがYesとある。
AVRCPの説明には下記のようにある。
AVRCP - japanese.bluetooth.com
コントローラ - 一般的に、リモート制御デバイスと見なされます。
ターゲット - 特性が変更されるデバイスです。
「ウォークマン」型メディア プレーヤーの場合、コントローラ デバイスは曲のスキップ機能を持つヘッドセット、ターゲット デバイスはメディア プレーヤー本体です。

これはコントロールする側とされる側と解釈してよいのだろうか?


先のポップアップに戻るが、Table 2: Controller FeaturesはすべてNoになっている。

Table 7: Target Featuresはitem1〜10がAVRCP1.0で、item7〜10の「Receiving PASS THROUGH Command in category 1-4」がそれっぽい。Yesになっているのはカテゴリ1のみで、2〜4はNoになっている。
20090619_01










AVRCP - japanese.bluetooth.comに書かれている
詳細については、 「オーディオ/ビデオ リモート制御プロファイル (AVRCP : Audio/Video Remote Control Profile) 1.3」を参照してください。
PDFを見てみる。

AVRCP : Audio/Video Remote Control Profile) 1.3

P35にあった。
4.8.1 Category 1: Player/Recorder
Basic operations of a player or a recorder are defined, regardless of the type of media
(tape, disc, solid state, etc.) or the type of contents (audio or video, etc.). If a device
supports this category 1, it shall be implemented with the two operation_ids of the PASS
THROUGH command, “play” and “stop”.
The device supporting category 1 shall support Metadata Information features defined in
Table 3.1.
4.8.2 Category 2: Monitor/Amplifier
The category 2 is to define basic operations of a video monitor or an audio amplifier. If a
device supports this category 2, it shall be implemented with the two operation_ids of
the PASS THROUGH command, “volume up” and “volume down”.
4.8.3 Category 3: Tuner
The category 3 defines the basic operation of a video tuner or an audio tuner. If a
device supports this category 3, it shall be implemented with the two operation_ids of
the PASS THROUGH command, “channel up” and “channel down”.
4.8.4 Category 4: Menu
The basic operations for a menu function are defined in category 4. The method to
display menu data is not specified. It may be a display panel of the device itself, or onscreen
display (OSD) on an external monitor. A device that supports category 4 shall be
BLUETOOTH SPECIFICATION Page 36 of 93
Audio/Video Remote Control Profile (AVRCP)
16 April 2007
implemented with the six operation_ids of the PASS THROUGH command, “root menu”,
“up”, “down”, “left”, “right”, and “select”
.

ということは
カテゴリー1は再生と停止機能のみ?
カテゴリー2ボリューム上げ下げ?
カテゴリー3はチャンネル上げ下げ?曲送り、曲戻し?
カテゴリー4は曲目選択?


Yesになっているのはカテゴリー1だけだから、再生と停止しかできないということか?

うーん。英語に自信ありません。どなたかわかりますか?
先のポップアップをみると、いろいろできるようになるのはAVRCP1.3から?

間違っていたらごめんなさい!

2009/07/02追記
http://support.apple.com/kb/HT3647
AVRCPは再生と停止のみとサポートに書かれていました。
(Woggieeeeさんありがとうございます)