Bluetoothに関する情報です

ワイヤレス好きな管理人がBluetoothを紹介する

Bluetooth - ワイヤレス好きな管理人がBluetoothを紹介する

Bluetooth+ソーラーの可能性

news067




パンズ、ソーラーパネルでどこでも聞けるBluetoothスピーカー「WSS-1」 - +D LifeStyle
初めて聞くメーカーですが(本体はアレに似ている)、パンズから
本体上側にソーラーパネルを搭載したBluetoothワイヤレススピーカー「WSS-1」
が発表され、
本日より「楽天PANSSHOP」にて販売を開始した
とのこと。

「楽天PANSSHOP」

いいですねBluetooth+ソーラーパネル(太陽光発電)。

今度旅行に行こうと思っているのですが、Bluetoothヘッドフォンを持っていくのはやめました。なぜかというと充電器がかさ張るからです。そういったケースでもソーラーパネル搭載で充電できれば本体だけで済みます。表面積が小さいのでヘッドフォンには無理でしょうが、なんとかつけて欲しいものです。

バージョン:2.0
出力クラス:Class 2
プロファイル:HFP、HSP、A2DP、AVRCP

「N-02B」購入

久しぶりにBluetooth機器を購入しました。

n02b



2年ぶりの機種変更「N-02B」。
プロファイル:HSP、HFP、A2DP、AVRCP、DUN、OPP、SPP
バージョン:2.0+EDR

取説にはHSP、HFP、A2DPで音節電話発信音や相手の声、ワンセグの音声等がどのプロファイルで出力されるかの表があったりなど、Bluetoothの説明が増えていました。説明が7ページにも渡っていたのがうれしい。

「N-02B」で無線LANを使用する際はBluetoothとの電波干渉について記述がある。同じ周波数帯(2.4GHz)を使うからだ。Bluetoothがオンになっているときにアクセスポイントモードを起動するとBluetoothがオフになる。これには困った。
運転中は必ずBluetoothで通話なり渋滞情報を入手するために通信しているのだが、Bluetoothオンがあたりまえだったので一瞬焦る。

intelの新しい無線モジュールにはBluetoothが実装される

■笠原一輝のユビキタス情報局■
見えてきたSandy Bridge世代のモバイルプラットフォーム「Huron River」


Huron River世代のチップセットではワイヤレスモジュールにRainbow PeakとTaylor Peakという製品が用意され、Rainbow Peakは
Intelの無線モジュールとしては初めてBluetoothの機能が統合されることになる。このため、OEMメーカーは追加コストなくBluetoothが実装できるようになる
とのこと。

今後Bluetooth搭載が当たり前になりますね。

3.0はまだかよ - Bluetooth4.0発表

省電力BluetoothはBluetooth 4.0としてリリースされる! - Bluetooth ManiaX
Bluetooth、バージョン3準拠製品が市場に出る前にバージョン4が登場 - ソニ☆モバ 【SO☆MO】
Bluetooth SIGが新規格「Version 4.0」を発表、低消費電力の「Bluetooth Low Energy」を採用 - 無線化のススメ  〜 Bluetooth振興ブログ 〜

なんかもう、実製品を目の前にしないで規格ばかり先行するのはつまんないですね。

ま、本業忙しく更新していない言い訳ですが。

デュアルディスプレイモバイルノート「KOHJINSHA DZシリーズ」(DZ6KH16E) CEATEC2009で見てた

デュアルディスプレイモバイルノートキター!

「工人舎 デュアルディスプレーモバイルノートを発表」
「工人舎、10.1型液晶2台のデュアルディスプレイノートPC」

今時キター!とは恥ずかしい限りですが、これは待っていました「KOHJINSHA DZシリーズ」(DZ6KH16E)。

あ、みなさんお久しぶりです。本業が忙しすぎて更新する気ゼロの管理人です。
せっかくのCEATECレポートも全く出来ずにおります。
ですがこのデュアルなモバイルノートが出たので書かずにはおれませんでした。

っていうかBluetooth機器は3.0が出ないと食指が動かない。

実はこのモバイルノート、CEATECで見て久しぶりにワクワクしたのです。

それがこちら↓
P1030970P1030969

今回発表のは1024*600ですが、CEATECでのスペック表を見ると、1366*768モデルがもしかしたら出るかもしれませんね。

もちろんBluetooth2.1+ERD。

入出力を多様化するBluetooth - IT Pro

入出力を多様化するBluetooth(前編) - IT Pro
入出力を多様化するBluetooth(後編) - IT Pro

昨今の携帯電話による外部機器との近距離の接続手段として、「Bluetooth」を挙げている。携帯電話はパケット網を通じてWAN接続し、Bluetoothで携帯電話周辺の機器と接続。

宅配業務におけるハンディターミナルなどを例にあげ、プロファイルの説明がなされ、最近のBluetooth搭載携帯電話により、今後利用シーンが広がっていくと書かれている。

モバイルコンピューティング推進コンソーシアム(MCPC)による「Bluetoothの階層構造」図が描かれており、わかりやすい。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20090410/328067/?SS=imgview&FD=54139247&ST=system

Bluetooth3.0規格発表

待ちに待ったBluetooth3.0規格発表。詳細はBluetooth ManiaX
さんが詳しいので書かないとして、記事URLのみピックアップ。
個人的には買い控えだな〜(気が早い)。

Bluetooth SIG Press Release
Basicsページの「Bluetooth Core Specification」にあるリンクVersion 3.0 + High Speed (HS), adopted April 2009に3.0+HSの仕様書?がある。日本語ページはない。

「Bluetooth 3.0」規格が正式発表、802.11採用で最大24Mbps - BPnet
Bluetooth 3.0発表 24Mbpsに高速化 - ITmedia
「Bluetooth 3.0」仕様が正式発表--大容量のデータ転送可能に - YOMIURI ONLINE
データ転送を高速化した「Bluetooth 3.0」発表
−PCとオーディオプレーヤーの同期を実現 - AV Watch

通信速度24MbpsのBluetooth 3.0が策定 - PC Watch

意外にニュース少ないのね。

Bluetooth 対応機器自体の所有率には変化なし、Bluetooth ヘッドホンの所有率はアップ - japan.internet.com

Bluetooth 対応機器自体の所有率には変化なし、Bluetooth ヘッドホンの所有率はアップ

インターネットコム株式会社株式会社マーシュが、「Bluetooth に関する調査」を行ったとのこと。

2008年
「よく知っている」7.7%(23人)
「ある程度知っている」28.3%(85人)
「聞いたことがある・名前だけは知っている」20.3%(61人)
「あなたは Bluetooth 対応機器を持っていますか」「持っている」40.2%(68人)

「携帯電話」76.5%(52人)
「ノートパソコン」29.4%(20人)
「マウス」7.4%(5人)
「ワイヤレスヘッドホン/イヤホン」5.9%(4人)

2009年
「よく知っている」回答は10.7%(32人)
「ある程度知っている」20.0%(60人)
「聞いたことがある程度」28.3%(85人)
「あなたは Bluetooth 対応機器を持っていますか」「持っている」33.9%(60人)

「携帯電話」80.0%(48人)
「ノートパソコン」45.0%(27人)
「ワイヤレスヘッドホン/イヤホン」18.3%(11人)
「USB アダプタ」(9人)
「ノートパソコン」が29.4%(20人)から45.0%(27人)に、「ワイヤレスヘッドホン/イヤホン」が5.9%(4人)から18.3%(11人)に大きく増加しているのがわかる
とのこと。

もしかしたら自分が持っている機器にBluetoothが付いていることを知らない人がいるかもしれませんね。

低消費電力と高速化を目指す「Bluetoothの新規格、2009年内に登場の見通し」 - COMPUTERWORLD.jp

Bluetoothの新規格、2009年内に登場の見通し - COMPUTERWORLD.jp

Bluetooth SIGによれば、
現在のBluetooth規格よりもエネルギー効率を向上させたものと、高速化を図ったものの、2種類の規格開発に取り組んでいる
とのこと。

方向性としては
・低消費電力で消費電力の制約が大きい時計や心拍数モニターなどのデバイス向け
・コンピュータから携帯電話に無線でMP3ファイルを送ったり、デジタル・カメラからコンピュータに大量の画像を素早くダウンロードしたりする


通信距離はこれまで通り100m以内で
「新Bluetoothの到達範囲が、従来のものよりも広がる可能性はある。しかし、それはあくまでも“副産物”だ。Bluetoothはパーソナル・エリアに限定された通信技術であり、パーソナル・スペースでの用途にこだわりたいと考えている」(フォーリー氏)
とのこと。

Bluetooth搭載携帯電話による行動パターンの追跡

Bluetoothで山手線の乗降パターンを追跡してみた - 高木浩光@自宅の日記
高木浩光@自宅の日記で野良無線LANをキャッチするようにBluetoothを検知してみたとこと。最近の携帯電話はBluetooth搭載が当たり前になってきたところ、こういう問題も発生する。

商業的に活用される懸念、CGM的に蓄積される懸念
私は、このような行為が何ら規制されないのは、プライバシー保護の観点からまずいと思っている。だからこそこのような実演を今している。
これだけ多くの携帯電話が、Bluetooth機器探査に応じる設定のままで持ち歩かれているとなると、マーケティング目的での活用がまず発想されるところだろう。
店内の客がどの棚の前に長く滞在したかを調べるとか、過去に何回訪れたことのある客かを判別するためなどの目的で、商業施設が人々のBluetoothのMACアドレスを記録し、蓄積し、共有するようになるかもしれない。

お、確かに。Bluetooth搭載携帯を持っていて探査に応じる設定になっている人という前提条件はあるが、パターンは把握できる。
現行の個人情報保護法の問題点として
住所氏名と紐付けない限り「個人情報」に該当しない
とある。
作者は
ユビキタス社会の歩き方(6) Bluetoothの「デバイスの公開」「検出可能にする」はオフに
を勧めている。
Amazon携帯電話ストア-ヘッドホン・イヤホン-携帯電話対応
Bluetoothバージョン
1.0b
 下り723.2kbps/上り57.6kbps
 最初のバージョン
1.0b+CE
 下723.2kbps/上57.6kbps
 1.0b修正版
1.1
 下723.2kbps/上57.6kbps
 安定、本格的な普及期版
1.2
 下723.2kbps/上57.6kbps
 2.4GHz無線LAN(802.11/b/g)干渉対策
2.0
 下723.2kbps/上57.6kbps
2.0+EDR
 下2178.1kbps/上177.1kbps
2.1
 速度は2.0(EDR)同様
 ペアリング簡略化
 バッテリー寿命延長
wikipedia
インフルエンザ対策


Amazon
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
SiteMaps
Google Sitemaps用XML自動生成ツール
  • ライブドアブログ