スピーカーに関する情報です

ワイヤレス好きな管理人がBluetoothを紹介する

スピーカー - ワイヤレス好きな管理人がBluetoothを紹介する

bluetribeブランドのiPod対応スピーカー

mainsub1

シグマA・P・O、Dockコネクタ接続のBluetoothレシーバ−iPod対応スピーカーでワイヤレス楽曲再生可能 - AV Watch
SBT05 - bluetribe
製品情報

シグマA・P・Oシステム販売から、同社のBluetoothブランド「bluetribe」シリーズ「SBT05」が発売されています。
Dockコネクタを搭載するiPod用のスピーカーに接続することで、Bluetoothで音楽を再生することができる。
SCMS-Tでワンセグ音声などの再生に対応し、バージョンも2.1。FMトランスミッターに接続しての使用も可能。
バージョン:2.1
出力クラス:Class 2
プロファイル:A2DP、AVRCP

動作確認済みトランスミッター
Logitec:LAT-FMi03
SUNTAC:FMIP-302

動作確認済みiPodスピーカー

サンワサプライからiPod用スピーカーで使用するBluetoothオーディオレシーバー「MM-BTAD16」

MM-BTAD16WH_SP1MM-BTAD16BK_SP1






iPod用スピーカーをBluetooth対応スピーカーにするオーディオレシーバー - Digital Freak
サンワ、iPodスピーカー用オーディオレシーバー - 価格.com
MM-BTAD16BK(ブラック)
MM-BTAD16WH(ホワイト)

サンワサプライからiPod用スピーカーで使用するBluetoothオーディオレシーバー「MM-BTAD16」が発売された。
えーっとこれ基本的にiPod関係ないですね。iPod用スピーカーをBluetoothを通じて他の機器で使うという。SCMS-Tにも対応。
バージョン:2.1+EDR
出力クラス:Class 2
プロファイル:A2DP

コレガからDock接続iPodスピーカー用Bluetoothレシーバ「CG-BT2MR01」

bt2mr01_500






コレガからDock接続iPodスピーカー用Bluetoothレシーバ「CG-BT2MR01」

コレガ、iPodスピーカー用Bluetoothレシーバ−Dock接続し、携帯電話などから音楽伝送 - AV Watch
ニュースリリース
製品URL

Dock接続するスピーカーに接続して、他のプレーヤやPC、携帯電話から音楽を転送して聴くことのできる装置。たいてい送る側につけるけど、受け手のスピーカー側につけるとは逆転の発想。Dockコネクタから電源供給。

バージョン:2.1+EDR
出力クラス:Class 2
プロファイル:A2DP

"Bluetooth"を活用すれば、ケータイの使い方はもっと広がる - DIME No.07 4月7日

DIME 最新号

DIME No.07 4月7日号のP41で「"Bluetooth"を活用すれば、ケータイの使い方はもっと広がる」として、ページの1/3の囲み記事があります。
最近になって、Bluetooth対応の機種が一気に増え、接続できる機器の選択肢も広がってきた
として4機種紹介されている。

・日本ポラロイド「Polaroid PoGo」
・サンワサプライ「MM-BTSP1BK」
・シチズン時計「アイバートM」
・アイ・オー・データ「CPKB/BT」

小さい記事ですが、興味のある方はご覧あれ。

ポラロイドからインク不要のBluetoothモバイルプリンター「PoGo」
サンワサプライからBluetoothスピーカーが発売
i:VIRT M(アイバートエム)の新製品
週刊アスキー2008/06/10号「ブルートゥース内臓ケータイでここまでできる!」






モトローラからヘッドセット、ワイヤレススピーカーなどBluetooth4機種「H390」「H780」「EQ5」「EQ7」

モトローラ、ヘッドセットやスピーカーなどBluetooth対応4製品 - ケータイ Watch
モトローラ×JBLのBluetoothスピーカー登場 - ASCII.jp

モトローラからBluetoothヘッドセット2機種、ワイヤレススピーカー2機種が発売。一挙に四機種です。
3015204_1









「H390」
店頭予想価格4,980円と低価格Bluetoothヘッドセット。
バージョン:2.0+EDR
出力クラス:Class 2
プロファイル:HSP、HFP



3015204_1 (1)









「H780」
人混みの多い屋外、空港などの使用時にも周囲の騒音を大幅に低減しクリアな通話を可能にするCrystalTalk技術を搭載したBluetoothヘッドセット。店頭予想価格はちょい高め10,800円。マルチコネクション機能搭載で同時に2台の携帯電話と接続できる。
バージョン:2.1+EDR
出力クラス:Class 2
プロファイル:HSP、HFP



3015204_1 (2)









「EQ5」
Bluetoothワイヤレススピーカー。SCMS-Tもサポート。
リチウムイオン充電池を内蔵し、ACアダプターでの利用も可能な2電源。
バージョン:2.0+EDR
出力クラス:Class 2
プロファイル:A2DP、AVRCP、HFP

3015204_1 (3)









「EQ7」
BluetoothワイヤレススピーカーだがJBLのスピーカーユニットを搭載する。音楽を聴くだけでなくSCMS-Tにも対応。HFPもあるので携帯電話のハンズフリーとしても機能する。
バージョン:2.0
出力クラス:Class 1
プロファイル:A2DP、AVRCP、HFP

出力クラスはClass 1なので通信可能距離は最大100m。

アドテックからヘッドセット、スピーカー、リストバンド、車載キットとBluetooth多種一斉発売

4item












アドテック、Bluetooth対応のヘッドセットとスピーカー−モノラルスピーカー内蔵のリストバンド型も
プレスリリース

アドテックからヘッドセット「AD-MS500」、スピーカー「AD-MB150」、リストバンド「AD-MB80」、車載キット「AD-MK20」と4種類ものBluetooth機器が一斉発売されます。

■リストバンド「AD-MB80」
adtec3
一番の注目はリストバンド「AD-MB80」。モノラルスピーカー内蔵で、腕につけることで両手が使え、ランニングなどの運動時に使用可能。

個人的になぜ腕につけるタイプの機器が、腕時計しかないのかと思っていた。持たずに手を空けることができ、手に持っているのと同等。カバンでもポケットにでも入れるでもなく、ずっと手に持っているでもないのは、二の腕(もしくは腕)。ここに装着することを前提に考えると、携帯はもう少し大きくても大丈夫なのでは?
先端部分に時計があれば、腕時計にもなる?
今回のは携帯じゃないけど。
バージョン:2.1+EDR
プロファイル:HSP、HFP、A2DP、AVRCP
出力クラス:Class 2

AD-MB80GM グレー
AD-MB80WM ホワイト
AD-MB80GS グレー
AD-MB80WS ホワイト




■ヘッドセット「AD-MS500」
adtec1
ネックバンドタイプのヘッドセット。SCMS-Tにも対応。
音楽再生中の携帯電話受信(音楽中断)と通話終了後の自動的にも再生。
なぜかヘッドセットだけバージョンが2.0
バージョン:2.0
プロファイル:HSP、HFP、A2DP、AVRCP
出力クラス:Class 2

AD-MS500 ブラック


■スピーカー「AD-MB150」
adtec2




リチウムバッテリの充電式でACアダプタで充電。イヤフォン出力が可能でマイクも搭載しているので通話が可能。SCMS-Tにも対応。

バージョン:2.1+EDR
プロファイル:HSP、HFP、A2DP、AVRCP
出力クラス:Class 2

AD-MB150B ブラック
AD-MB150W ホワイト




■車載キット「AD-MK20」
登録した電話番号を、ボタンを一回押すだけで通話することができるホットラインボタンを搭載。サンバイザーに取付けるクリップ付き。

バージョン:2.0
プロファイル:HSP、HFP
出力クラス:Class 2

AD-MK20 ブラック

サテライトスピーカー用アンプ搭載 Bluetooth対応のサブウーファー

対応プロファイル:A2DP、HFP、AVRCP

3331t





サテライトスピーカー用アンプ搭載 Bluetooth対応のサブウーファー - Phile-web
ELACというメーカー?ブランド?からBluetooth対応サブウーファー「SUB 2010 BT」。
サテライトスピーカー駆動用のアンプも内蔵しているので本機を中心にシステムを構築できるとのこと。

ソニ☆モバさんで紹介された!

リテールコム「BIT-STB2819」似のBluetoothスピーカーが多い謎

今年春ぐらいからでしょうか。Bluetoothスピーカーの発売が増えてきました。
それについてソニ☆モバで記事が書かれており、その中で当ブログのことが紹介されておりました。

CEATEC JAPAN 2008に行ってきた - エム・ティ・アイ編でBluetoothを作っておられるエム・ティ・アイさんのブースを紹介した記事にリンクを張っていただきました。

ご存じの方も多いと思いますが、ソニ☆モバは以前クリクラを開設されていた(更新停止しているが現在もある)SPAさんが開設しているサイトです。クリクラはPalm/CLIEサイトではトップクラスのサイトで、
Palm Pilot Professional 2MB Upgrade
PEG-N750C
PEG-NZ90
PEG-NX80V
とPalm OS機を渡り歩いてきた私にとっては憧れのサイト。
そんなソニ☆モバで紹介されるなんて・・・。

記事書く際の視点、本文やリンクでの色がきれいで、絵ごころのある人は違うな、勉強しなきゃ、と思いつつも遠すぎて全く反映できていなかったりします。

ソニ☆モバ改めブル☆モバの可能性発言で、当サイトの存在意義がなくなっちゃうじゃないかー、と恐れおののいておりましたが、共存というか隅っこで生きながらえさせていただければと思います。

[新製品]2008/10/23発表発売の製品一覧

プラネックスからBluetoothヘッドセット/スピーカー、無線LAN搭載デジタルフォトフレームなど2009年に発売予定の製品が発表されている。

プラネックス、無線LAN搭載フォトストレージを'09年発売 −Bluetoothヘッドセットや、ハイビジョン録画LAN HDDも - AV Watch 記事

pla02





・無線LAN搭載デジタルフォトフレーム
動画/音楽/静止画対応の高機能モデル、静止画/音楽のみのスタンダードモデルの2種類。無線LANだけでなくBluetoothも搭載、AV Watch記事内では
Bluetooth機能も搭載し、携帯電話やスピーカーとの接続に対応
とあるが、本当に外部スピーカーとの接続なのだろうか。基本機能に音楽再生があることから、スピーカーは搭載されているのだろう。内蔵スピーカーは使用せずにBluetoothスピーカーに接続?
携帯電話との接続ができるということは、マイクがなければHSP、HFPによる接続と会話は意味がないが、本機のスピーカーを使うのであれば、A2DP、AVRCP経由で内臓スピーカーを使うとか?
うーんわからん。

pla06pla09





・Bluetoothヘッドセット/スピーカーなど
耳掛け型のBluetoothヘッドセット「BT-02HSS」とBluetoothスピーカーの「BT-02SPKS」は、2009年第1四半
期の発売で、価格は未定。いずれもA2DP/AVRCPのプロファイルをサポートする。マイクを内蔵し、ハンズフリー通話も可能。

Bluetoothヘッドセットとスピーカーがどんどん出てきて来年はとても楽しみです。

金葉に面白いBluetooth機器があった

kinyo1




金葉、ARTDioブランドのBluetoothスピーカー −携帯電話連携で通話も可能 - AV Watch
金葉株式会社
ArtDio

金葉株式会社から「ARTDio」ブランドのBluetoothポータブルスピーカー「BT-132」が11月中旬に発売されるとのこと。店頭予想価格は11,500円前後。

バージョン1.2に対応で伝送距離は約10m。プロファイルはA2DP、AVRCP、HSP、HFPに対応し、著作権保護技術のSCMS-Tに対応しているので、携帯電話からの音声出力も可能で、さらにマイクも搭載しているのでハンズフリー通話も可能となっている。
外部入力端子としてステレオミニプラグも用意されているので、Bluetooth接続以外も可能となっている。

電源はACアダプタと単3乾電池×4本。
Bluetooth利用時の電池駆動時間は約12時間。
ステレオミニ接続時が20時間。

ArtDioには他にもBluetooth製品があります。
bt_500ba





BT-500がユニークで、iPod用ドッキングステーションで充電、PCとの同期、iPod操作、音声出力、S-VIDEOによる映像出力が可能なものがある。SCMS-Tにも対応。
これは面白い。iPhone用はないのだろうか。
Amazon携帯電話ストア-ヘッドホン・イヤホン-携帯電話対応
Bluetoothバージョン
1.0b
 下り723.2kbps/上り57.6kbps
 最初のバージョン
1.0b+CE
 下723.2kbps/上57.6kbps
 1.0b修正版
1.1
 下723.2kbps/上57.6kbps
 安定、本格的な普及期版
1.2
 下723.2kbps/上57.6kbps
 2.4GHz無線LAN(802.11/b/g)干渉対策
2.0
 下723.2kbps/上57.6kbps
2.0+EDR
 下2178.1kbps/上177.1kbps
2.1
 速度は2.0(EDR)同様
 ペアリング簡略化
 バッテリー寿命延長
wikipedia
インフルエンザ対策


Amazon
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
SiteMaps
Google Sitemaps用XML自動生成ツール
  • ライブドアブログ