iPodに関する情報です

ワイヤレス好きな管理人がBluetoothを紹介する

iPod - ワイヤレス好きな管理人がBluetoothを紹介する

bluetribeブランドのiPod対応スピーカー

mainsub1

シグマA・P・O、Dockコネクタ接続のBluetoothレシーバ−iPod対応スピーカーでワイヤレス楽曲再生可能 - AV Watch
SBT05 - bluetribe
製品情報

シグマA・P・Oシステム販売から、同社のBluetoothブランド「bluetribe」シリーズ「SBT05」が発売されています。
Dockコネクタを搭載するiPod用のスピーカーに接続することで、Bluetoothで音楽を再生することができる。
SCMS-Tでワンセグ音声などの再生に対応し、バージョンも2.1。FMトランスミッターに接続しての使用も可能。
バージョン:2.1
出力クラス:Class 2
プロファイル:A2DP、AVRCP

動作確認済みトランスミッター
Logitec:LAT-FMi03
SUNTAC:FMIP-302

動作確認済みiPodスピーカー

マルチミュージックレシーバ「PDX-Z10」にBluetooth接続する「AS-BT100」

00002243












パイオニア、DLNA対応でSACD/iPod再生可能なレシーバ−Bluetoothにも対応可能。2chデジタルアンプ搭載
AS-BT100

パイオニアから発売されるマルチミュージックレシーバ「PDX-Z10」がBluetoothアダプタポートを搭載し、別売のBluetooth「AS-BT100」の使用でBluetooth経由で音楽プレーヤの楽曲を再生することができる。2009/05月末発売予定
バージョン:2.0+EDR
出力クラス:Class 2
プロファイル:A2DP、AVRCP

Bluetoothはもちろんですが、iPod、USBマスストレージクラス、DNLA対応、FM/AMチューナ内蔵とまさにマルチぶり。

サンワサプライからiPod用スピーカーで使用するBluetoothオーディオレシーバー「MM-BTAD16」

MM-BTAD16WH_SP1MM-BTAD16BK_SP1






iPod用スピーカーをBluetooth対応スピーカーにするオーディオレシーバー - Digital Freak
サンワ、iPodスピーカー用オーディオレシーバー - 価格.com
MM-BTAD16BK(ブラック)
MM-BTAD16WH(ホワイト)

サンワサプライからiPod用スピーカーで使用するBluetoothオーディオレシーバー「MM-BTAD16」が発売された。
えーっとこれ基本的にiPod関係ないですね。iPod用スピーカーをBluetoothを通じて他の機器で使うという。SCMS-Tにも対応。
バージョン:2.1+EDR
出力クラス:Class 2
プロファイル:A2DP

コレガからDock接続iPodスピーカー用Bluetoothレシーバ「CG-BT2MR01」

bt2mr01_500






コレガからDock接続iPodスピーカー用Bluetoothレシーバ「CG-BT2MR01」

コレガ、iPodスピーカー用Bluetoothレシーバ−Dock接続し、携帯電話などから音楽伝送 - AV Watch
ニュースリリース
製品URL

Dock接続するスピーカーに接続して、他のプレーヤやPC、携帯電話から音楽を転送して聴くことのできる装置。たいてい送る側につけるけど、受け手のスピーカー側につけるとは逆転の発想。Dockコネクタから電源供給。

バージョン:2.1+EDR
出力クラス:Class 2
プロファイル:A2DP

iPhone 3.0 Bluetooth関連記事抜粋

l_os_ipos30-1




iPhone 3.0でBluetoothの
・A2DP追加
・ステレオ
・BluetoothによるP2P
・周辺機器との通信、制御機能
が可能になるとのこと。詳細は各サイト参照願います。

今回機能でBluetoothが主役であることは間違いないですね。

・・・ウソです。コピペですね。

新型iPhoneは今夏発表──「iPhone OS 3.0」はコピペ、プッシュ通知、Spotlightなどサポート - +D Mobile
BluetoothによるP2P(ピア・ツー・ピア)接続は、BluetoothとBonjourを利用して実現する1対1の接続機能だ。接続相手は自動的に検出するため、一般的なBluetooth機器同士の接続のようなペアリングの作業は不要だという。アプリでの応用例としては、ゲームでマルチプレーヤー対戦機能や、端末同士でデータのやり取りをする機能などを想定している。
周辺機器との通信、制御機能は、Dock ConnectorとBluetoothでの接続がサポートされる。
ステレオ音声のBluetooth出力やA2DPサポート


iPhone OS 3.0 preview event - iPhone 3G Wiki blog
Bluetouth開放(A2DP)(本文ママ)


速報:iPhone OS 3.0プレビューイベント - engadget日本版
待望のコピー&ペーストやプッシュ通知サービスに加えてBluetoothでiPhone / iPod touch 2G間P2P通信、A2DP (Bluetoothステレオ音楽)
P2P接続のサポート。BluetoothでiPhone / iPod touch同士を接続。ゲームでも、ゲーム以外でも。ペアリング設定は不要。Bonjourで発見
外部ハードウェアとの接続はドックコネクタだけでなくBluetoothも。プロトコル自作も可能。
「Stereo Bluetooth」!!
Q:Bluetoothで音楽ファイルを転送するようなことは?
A:(質問の解釈と答え方に迷ったらしく、3人とも間をおいてから) Scott:おそらくできないと思う。ファイルの転送は無理。(おそらくアプリ内では可能というニュアンス。たぶん)。


iPhone OS 3.0は夏提供。コピペ、プッシュ通知、A2DP、Spotlight検索、P2P対応 - engadget日本版
ステレオBluetooth (A2DP)サポート
Bluetoothを使ったデバイス同士のP2P接続。Bonjourサポートで「ペアリング」不要。対戦ゲームや「ちかちゃっと」的アプリ、データ交換。
外部ハードウェアと通信するアプリ解禁。ドックコネクタのほかBluetoothも。

ブルーネクストジャパンからデュアルPINコード対応iPod用BluetoothトランスミッタiBluon TD02

ibluon_250






ニュースリリース

ブルーネクストジャパンからA2DP、AVRCPに対応のiPod用Bluetoothトランスミッタ「iBluon TD02」が発売されるとのこと。
デュアルPINコード方式を採用で「0000」、「1234」の両方で接続が可能。これはいいですね。
対応iPodも幅広く、iPod 4G/カラーディスプレイ、5G(video)、classic、touch、mini、nano 1G/2G(aluminum)/3G、iPhone 3G
バージョン:Ver.2.0
出力クラス:Class 2

Amazonにはまだ入庫されていないみたいです。

iPodの音楽再生をBluetoothで送受信するDock IS301

marantz1




マランツ、iPodとオーディオ機器をBluetoothで接続するアダプター発表
マランツ、iPodの音声をBluetooth送信するDock−AVRCP対応でiPodをAV機器用のリモコンに

マランツからiPodでの再生音をBluetoothで無線伝送できる「ワイヤレス iPod Dock(IS301)」が2009年1月に発売されるとのこと。iPodは第4世代以降のDock端子搭載モデルで、iPod touchは第1/2世代にも対応。iPhone 3Gには対応していないとのこと。
iPodを装着する送信部、Bluetoothを受信してオーディオ機器などに接続するための受信部、送信部を充電/設置するための充電部の3つに分かれる。
受信部は本送信部以外のBluetooth対応機器との連携も可能。
出力端子はアナログ音声、コンポーネント、S映像、コンポジットを各1系統。映像の無線伝送はできないが、カテゴリ5のツイストペアケーブル(LANケーブル)で充電部と受信部を有線接続し、充電部に送信ユニットを搭載すると、映像が有線で送られ、受信部の映像出力からiPod内の映像が出力できるらしい。このケーブルで音声も伝送できるほか、受信部から充電部への電源供給も行なえる。
バージョン:2.1+EDR
プロファイル:A2DP、AVRCP

金葉に面白いBluetooth機器があった

kinyo1




金葉、ARTDioブランドのBluetoothスピーカー −携帯電話連携で通話も可能 - AV Watch
金葉株式会社
ArtDio

金葉株式会社から「ARTDio」ブランドのBluetoothポータブルスピーカー「BT-132」が11月中旬に発売されるとのこと。店頭予想価格は11,500円前後。

バージョン1.2に対応で伝送距離は約10m。プロファイルはA2DP、AVRCP、HSP、HFPに対応し、著作権保護技術のSCMS-Tに対応しているので、携帯電話からの音声出力も可能で、さらにマイクも搭載しているのでハンズフリー通話も可能となっている。
外部入力端子としてステレオミニプラグも用意されているので、Bluetooth接続以外も可能となっている。

電源はACアダプタと単3乾電池×4本。
Bluetooth利用時の電池駆動時間は約12時間。
ステレオミニ接続時が20時間。

ArtDioには他にもBluetooth製品があります。
bt_500ba





BT-500がユニークで、iPod用ドッキングステーションで充電、PCとの同期、iPod操作、音声出力、S-VIDEOによる映像出力が可能なものがある。SCMS-Tにも対応。
これは面白い。iPhone用はないのだろうか。

はやくiPodがBluetoothでの音声再生対応にならないかなあ・・・

iPod Air - 山田祥平のRe:config.sys

iPodの紹介の中でBluetooth接続でスピーカーを使うことを書いている。出張先でロジクールの「Pure-Fi Mobile」で音楽を聴いているそうだ。その際にiPodとの接続は、シグマA・P・Oシステム販売のBluetooth iPodオーディオアダプタ「SBT01」を使っているとのこと。
当ブログでの紹介記事:
シグマA・P・Oシステム販売「SBT01」の使用レポート
ロジクールからBluetooth接続のコンパクトスピーカー「PF-700」が発表



なぜ「SBT01」を使うかと言うとiPod(iPhone)ではBluetoothのプロファイルA2DP、AVRCPに対応しておらず、ステレオでの音楽再生ができないからだ。

Pure-Fi Mobileの紹介では
ところが、このアダプタは、「0000」「1234」「7777」「8888」という、一般的によく使われるパスコードに対してチャレンジを行ない強引にペアリングするようになっている。だから、アダプタをiPodに装着し、スピーカーを待機状態にした上で再生を始めるだけで、勝手につながって音声が飛び始める。これは簡単で便利だ。きっと、多くのBluetoothレシーバーに対しても対応できるだろう。個人的には、nanoが必要十分に小型軽量なので、あまり、レシーバーの必要性は感じなくなってきている。

これってBluetooth 2.1で導入されるペアリング技術SSP(Simple Secure Pairing)とは違うのだろうけど、パスコードがセキュリティ的な意味合いがあるなら、固定的なパスコードが一般的な現状では全く意味がなく、上記のようなペアリングを簡素化する方法が出てくるのでしょう。

そしてやはり
もし、iPodがBluetoothによるオーディオ再生に対応しさえすれば、こうしたアダプタはいらなくなる。SBT01は小さいので、ほとんど使い勝手を損なわないとはいえ、内蔵されているにこしたことはない。何よりも不便なのは、このアダプタを装着していると、iPodに対して充電ができないという点だ。
と書かれており、アップルの対応を強く期待したいですね。

シグマA・P・Oシステム販売「SBT01」の使用レポート

シグマA・P・Oシステム販売「SBT01」の使用レポートが週アスやiPhone FANで詳しく書かれています。
iPhone 3G、ワイヤレスで音楽を聴く!
iPhone周辺機器レビュー。音楽も通話もワイヤレスに挑戦!! その1
iPhone周辺機器レビュー。音楽も通話もワイヤレスに挑戦!! その2
iPhone周辺機器レビュー。音楽も通話もワイヤレスに挑戦!! その3

当ブログでの記事
シグマA・P・Oシステム販売、iPod/iPhone3G対応のBluetoothオーディオアダプタ「SBT01」発売 - ファイル・ウェブ

iPhone購入後ワイアードなヘッドフォンで音楽を聴いていますが、やはりBluetoothに変えようかと考えるようになってきた。

昨日の記事「あえてBluetoothを隠した「touch」、その理由は? - nikkei BP net」を考えると、iPhone本体でA2DP、AVRCPが使えるようになるかもしれませんが、それまでの間は「SBT01」を使うのも悪くないと思えてきました。

ケースによっては「SBT01」をつけられないかもしれませんが、今使っているシリコン系のケースなら大丈夫そう。上記記事を参考に検討してみたいと思います。

Amazon携帯電話ストア-ヘッドホン・イヤホン-携帯電話対応
Bluetoothバージョン
1.0b
 下り723.2kbps/上り57.6kbps
 最初のバージョン
1.0b+CE
 下723.2kbps/上57.6kbps
 1.0b修正版
1.1
 下723.2kbps/上57.6kbps
 安定、本格的な普及期版
1.2
 下723.2kbps/上57.6kbps
 2.4GHz無線LAN(802.11/b/g)干渉対策
2.0
 下723.2kbps/上57.6kbps
2.0+EDR
 下2178.1kbps/上177.1kbps
2.1
 速度は2.0(EDR)同様
 ペアリング簡略化
 バッテリー寿命延長
wikipedia
インフルエンザ対策


Amazon
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
SiteMaps
Google Sitemaps用XML自動生成ツール
  • ライブドアブログ