デジタルペンに関する情報です

ワイヤレス好きな管理人がBluetoothを紹介する

デジタルペン - ワイヤレス好きな管理人がBluetoothを紹介する

大日本印刷,先生が授業中に生徒全員のノートをPC上で読めるツールを発表 - ITpro

大日本印刷,先生が授業中に生徒全員のノートをPC上で読めるツールを発表 - ITpro
ニュースリリース

大日本印刷が生徒が書いた文字や図形を教師がパソコン上で確認できる授業支援ツール「オープンノート OpenNOTE」を発表したとのこと。
デジタルペンで描いた軌跡をBluetooth経由で受信され、パソコンに取り込めるとのこと。1台の受信機で21本のデジタルペンのデータを処理でき、先生は生徒全員のノートをPC上で読める。
Bluetoothならではの使い方ですね。

ドコモからデジタルペン(Bluetooth)を用いた法人向けASPサービス「MobilePenサービス」の提供開始

デジタルペンを用いた法人向けASPサービス「MobilePenサービス」の提供開始
ドコモ、デジタルペンとBluetooth携帯を活用した法人向けASP - ケータイ Watch記事

Bluetoothに力が入っていないドコモから気になる発表が。

NTTドコモ(以下ドコモ)は、各種金融商品の申込受付業務、保守点検などの作業報告業務、アンケート業務などを行う法人企業様向けに、 Bluetooth®対応の携帯電話とデジタルペンを用いて各種申込書などに記入された情報を、FOMA®パケット通信にて即時にサーバーに送信できる ASP注意1 サービス「MobilePenサービスTM」の提供を、2008年9月1日(月曜)から開始します。

製品ではなくサービスというのは、企業向けにASPによるサービスの提供だから。

デジタルペンで記入→Bluetooth→携帯電話(iアプリ)→サーバー

という経路で保存される。ご利用イメージ図ではiアプリで確認・修正とあるので、リアルタイム送信ではないか、その選択ができる可能性もある。「修正」とあるということはiアプリにOCR機能があるのだろうか。

専用紙は0.3mm間隔のドットが格子状に微妙にずれて配置されており、それをペンのカメラでとらえて位置を認識するタイプ。この専用デジタルペンと専用紙は、スウェーデンのアノト社(AnotoAB社)の技術を利用しているとのこと。ペンはとっても太い。

費用は高くて、デジタルペンの購入費用や初期費用、月額利用料などがかかり、デジタルペンを50本購入する場合の価格は1本2万8500円、初期登録費用は100万円、月額利用は25万円程度とのこと。そこまでして導入するものでしょうか。

微妙にドコモ的なのは、対応機種がP903i、P904i、P905i、P906iと見事にPシリーズ。ドコモのBluetooth対応の悪さが見えます。
Amazon携帯電話ストア-ヘッドホン・イヤホン-携帯電話対応
Bluetoothバージョン
1.0b
 下り723.2kbps/上り57.6kbps
 最初のバージョン
1.0b+CE
 下723.2kbps/上57.6kbps
 1.0b修正版
1.1
 下723.2kbps/上57.6kbps
 安定、本格的な普及期版
1.2
 下723.2kbps/上57.6kbps
 2.4GHz無線LAN(802.11/b/g)干渉対策
2.0
 下723.2kbps/上57.6kbps
2.0+EDR
 下2178.1kbps/上177.1kbps
2.1
 速度は2.0(EDR)同様
 ペアリング簡略化
 バッテリー寿命延長
wikipedia
インフルエンザ対策


Amazon
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
SiteMaps
Google Sitemaps用XML自動生成ツール
  • ライブドアブログ