ドコモに関する情報です

ワイヤレス好きな管理人がBluetoothを紹介する

ドコモ - ワイヤレス好きな管理人がBluetoothを紹介する

「N-02B」購入

久しぶりにBluetooth機器を購入しました。

n02b



2年ぶりの機種変更「N-02B」。
プロファイル:HSP、HFP、A2DP、AVRCP、DUN、OPP、SPP
バージョン:2.0+EDR

取説にはHSP、HFP、A2DPで音節電話発信音や相手の声、ワンセグの音声等がどのプロファイルで出力されるかの表があったりなど、Bluetoothの説明が増えていました。説明が7ページにも渡っていたのがうれしい。

「N-02B」で無線LANを使用する際はBluetoothとの電波干渉について記述がある。同じ周波数帯(2.4GHz)を使うからだ。Bluetoothがオンになっているときにアクセスポイントモードを起動するとBluetoothがオフになる。これには困った。
運転中は必ずBluetoothで通話なり渋滞情報を入手するために通信しているのだが、Bluetoothオンがあたりまえだったので一瞬焦る。

ワイヤレスジャパン2009に行ってきた - ドコモ編

行ってきましたワイヤレスジャパン2009
日食騒ぎの曇り空にもめげず午前中から出撃。

と意気込むも、隣の「鉄鋼技術展」のほうが目立ってます。
P1020834









「サーモテック2009」も面白そうです。
P1020836









「ジャパンインターナショナルシーフードショー」に至っては大ヒットした?「おさかな天国」がガンガン流れ、紅白の幕やぼんぼりでお祭り状態。
P1020837









それにくらべ「ワイヤレスジャパン2009」は質素です。世相を反映しているのでしょうか。
P1020835















まずはドコモのブース。
P1020838








以前報じた
「ドコモからデジタルペン(Bluetooth)を用いた法人向けASPサービス「MobilePenサービス」の提供開始」
ことのあるMobilePenが展示されていました。
P1020839










ペンと携帯電話の間がBluetoothで接続されています。
P1020842







P1020850









続いて「アクティブタグを用いたサービス実証」
P1020853







P1020851









「アクティブタグストラップ」を一緒に持ち歩くことで、その場に即した情報を得られる仕組み、というものでしょうか。
ドコモが沖縄県名護市で行う「ケータイ旅人サービス」とは
P1020852







P1020855













P1020879









とここまでで、ドコモのBluetoothは終わりです。
CEATECに比べると地味かな。着実にインフラと化してきたのか。

別の興味でステージを見てみました。
健康機器と健康サービスをつなぐ「ウェルネスサポート」。
P1020858









携帯電話各社は「ウェルネスサポート」に力を入れているようですね。
P1020860









こんなところにBluetoothの文字が。
P1020861









左側のプロダクト、右側のサービスをドコモの携帯電話がつないでいくという図。
P1020862









ドコモのビジネスとしては、これらパートナ企業へバイタルデータを提供していくことだそうです。
Bluetoothに「検証中」との不安な文字が。
P1020863









こちらでは「検討中」との記述。現在は赤外線とFeliCaがメインで、今後Bluetoothに対応していくとのこと。てっきり対応しているのかと思っていました。
P1020865









FeliCaポートに置いて計測結果を携帯電話から送信。これならBluetoothで充分な気がします。

Rollyをドコモのiアプリ「Rolly Remote」からリモコン操作

“Rolly”リモコン操作、NTTドコモ端末にも対応

Rolly(SEP-50BT)
Rolly新モデルでBluetooth経由での操作に対応! - Bluetoothでワイヤレス

2008年末に新モデルでBluetooth経由の操作に対応したRolly(SEP-50BT)ですが、NTTドコモの携帯電話からiアプリ「Rolly Remote」でリモコン操作ができるようになりました。
とはいえドコモゆえに対応機種が限られています。「P906i」「P-01A」「P-02A」「SH-01A」「SH-03A」「SH-04A」の6機種。非常に少ない。

バージョン:2.0
出力クラス:Class 2
プロファイル:A2DP、AVRCP、SPP

防水端末だからこそ、Bluetooth

l_yo_f01a_all



「F-01A」ロードテスト:第1回 防水端末だからこそ、Bluetoothが便利 - +D Mobile

ドコモの防水ケータイ「F-01A」のロードテストで、だからこそBluetoothと記事が書かれています。
F-01Aに限らず防水端末の多くは、本体の開口部を少なくするために外部接続端子に平形ヘッドフォン端子を統合している
が、
そのため、従来のケータイ用イヤフォンマイクは直接接続できず、ドコモ純正の変換アダプタである「外部接続用イヤホン変換アダプタ」か、外部接続端子に直接接続できるイヤフォンマイクを別途用意する必要が
あり、
“防水”のままF-01Aでハンズフリー通話や音楽をたのしむなら、Bluetoothを利用するのが一番
とのこと。
おっしゃるとおり。
これでウォータースポーツしながら音楽を聴くことが安全にできますね。

「amadana」ブランドから携帯向けBluetoothヘッドセット「ワイヤレスイヤホンPEA-317/PE-317」

realf1realf2




realf3realf4




amadana、携帯向けBluetoothヘッドセットやストラップなど発売 - ケータイ Watch
ニュースリリース

「amadana」という家電ブランドからBluetoothヘッドセット「ワイヤレスイヤホンPEA-317/PE-317」が2月下旬に発売されるとのこと。
PEA-317はカナル型イヤホン「PE-317」とBluetoothアダプタ「RB-317」のセット。ワンセグ音声を聴ける著作権保護機能のSCMS-Tも搭載。
バージョン:2.0+EDR
プロファイル:HFP、HSP、A2DP、AVRCP

ドコモから発売されているBluetooth搭載amadanaケータイ「N-04A」とセットで使うとスタイリッシュ。
「N-04A」
NTTドコモ、amadanaケータイの新モデル「N-04A」を1月23日より発売
amadana brownは上記Bluetoothアダプタとイヤホンが同梱されたamadana specialパッケージとのこと。

ドコモから2008年秋冬春モデルが発表

dcm_serieslogo






ドコモから秋冬春モデルが多数発表され、Bluetooth搭載機器が12機種と大幅に増えました。
ドコモ、新モデル21機種発表〜シリーズを一新 - ケータイWatch

今回から製品名が一新され「STYLE」「PRIME」「SMART」「PRO」に分けられるようになりました。
Bluetoothは基本的にA2DP、AVRCP、HDP、HSPが搭載され、機種によってはOPP、DUN、HIDが搭載されるようになりました。このうちOPP、SPP、HIDはこれまでの携帯電話では聞き慣れないプロファイルですが
・OPPはObject Push Profileといって名刺交換(データ)などを行うためのプロファイルです。赤外線で名刺交換ができますが、これのBluetooth版といったところでしょうか。
・SPPはSerial Port ProfileといってBluetooth機器を仮想シリアルポート化するためのプロファイル。
・HIDはHuman Interface Device Profileでマウスやキーボードなどの入力装置を無線化するためのプロファイルで、ワイヤレスキーボードで文字入力ができるようになるそうです。

Bluetooth搭載機器とプロファイルは以下のとおり。
F-01A:A2DP、AVRCP、DUN、HFP、HSP、OPP
F-03A:A2DP、AVRCP、DUN、HFP、HSP、OPP
N-01A:A2DP、AVRCP、HFP、HSP
P-01A:A2DP、AVRCP、DUN、HFP、HSP、OPP、SPP
SH-01A:A2DP、AVRCP、DUN、HFP、HSP、HID、OPP、SPP
SH-03A:A2DP、AVRCP、DUN、HFP、HSP、HID、OPP、SPP
N-02A:A2DP、AVRCP、HFP、HSP
P-02A:記載なし
N-04A:Bluetoothユニットが同胞される
HT-01A:2.0+EDR
HT-02A:2.0+EDR
SH-04A:HSP、A2DP、HID
Nokia E71:記載なし

PRADA PhoneにはBluetoothが未搭載の理由は?

d_02











分解してわかった、PRADA Phoneの秘密

気になることが書かれている。
今回、PRADA Phoneの分解によって明らかになったことは、海外向けのPRADA Phone「KE850」と、NTTドコモ向けの「L852i」は、見た目こそ同じであれ、中身はまったくの別物だということだ。

ふむふむ。具体的にはどう違うのだろう?
国内モデルではBluetooth ICのほか、GSM/GPRS/EDGEという海外で採用されている第2世代携帯電話用のアンテナなどの部品、GPSのアンテナなどの部品が搭載されていない。

え?Bluetoothないの?
その代わりに、FOMA用充電口やヤマハ製のオーディオIC「YMU800-P」が追加されている。

FOMA仕様のために削られたってことですか!
「Bluetoothを搭載して、対応ヘッドフォンなどを付属させ、無線で音楽が聴けるなどの機能をアピールでき前述の技術者は「PRADA Phoneの開発コンセプトは『オーディオプレーヤーケータイ』だったのではないか」と推測する。さらに、れば良かったのではないか」と語った

よかったどころではないです。次のバージョンではぜひBluetooth搭載してくださいよ!

P-01AがFCCを通過 もちろんBluetooth搭載

NTTドコモ、P-01AがFCCを通 - 携帯総合研究所

NTTドコモが11月5日(水)に発表する2008年秋冬モデル「0xAシリーズ」の「P-01A」がFCCを通過しました。
Bluetoothが今回も搭載。
と赤字で強調!

楽しみだなあ。

ドコモ製携帯電話にBluetooth機種が増える可能性

ドコモ山田社長、秋冬モデルでの「エージェント機能」導入を明言

秋冬モデルを含めて今後の携帯電話端末がどうなっていくかについて、ドコモの社長山田氏が語っていた中で、Bluetoothに関しても書かれている。
2ページ目
また、これまでドコモでは他社に比べて採用が消極的だったBluetooth通信機能も、他の入出力機器との連動という観点で重要なポイントとして触れられており、今後搭載機種が拡大される可能性も考えられる。

とある。
先日ご報告したCEATEC JAPAN 2008でもBluetoothに力を入れていたのは記憶に新しい。
CEATEC JAPAN 2008に行ってきた - ドコモ編

ますます期待しちゃいます。

CEATEC JAPAN 2008に行ってきた - ドコモ編

CEATEC JAPAN 2008に行ってきた - ドコモ編
20080930_Ceatec_BLOG_06_docomo_0120080930_Ceatec_BLOG_06_docomo_02



20080930_Ceatec_BLOG_06_docomo_03



ドコモのブースに来てまず驚いた。コンパニオンが「Bluetooth!Bluetooth!」と連呼していたのだ。
それは実際の車を展示して行われていた「インテリジェントキー搭載ケータイデモ」でのこと。
・ケータイでクルマのドアオープン
・ケータイでエンジンスタート
・ハンズフリー
・カーナビがケータイで通信(たぶん)
・カーナビ捜査でケータイ内の音楽再生
・ケータイでクルマのドアロック
・ケータイ置き忘れアラーム
・GPSケータイによる歩行者事故防止

ああ、やっとBluetoothの時代が来たんだな。


20080930_Ceatec_BLOG_06_docomo_0420080930_Ceatec_BLOG_06_docomo_05



そして次はセパレートケータイ。これもキー部とディスプレイ部間の通信はBluetoothだ。
使ってみたい気はしますが、二つに分かれていることによる使いづらさもあるかもしれません。
・片方失くしたり壊した場合はどうなるのか
・キー部のみカバンにしまって通話やネットの操作はできるのか
・スピーカーフォンのほうが便利ではないか?
・片手で済んでいたのが両手になるのはどうなのか?
・バッテリが両方に搭載されることによる重量増加や保ちの問題

同じ機種が近くにあった場合にどのようにペアリングしているのかはわかりませんでした。


20080930_Ceatec_BLOG_06_docomo_0620080930_Ceatec_BLOG_06_docomo_07



20080930_Ceatec_BLOG_06_docomo_08



最後はBluetoothではありませんが、BlackBerry BoldBlackBerry 8707hも展示されていました。iPhoneを獲得できなかったドコモではありますが、BlackBerryで少しは頑張ってほしいです。

CEATEC JAPAN 2008に行ってきた - Bluetooth SIG編
CEATEC JAPAN 2008に行ってきた - Jess-Link Products 村田製作所編
CEATEC JAPAN 2008に行ってきた - MITSUMI ALPS SMK編
CEATEC JAPAN 2008に行ってきた - ゴールデンダンス フォスター電機 タイコ エレクトロニクス編
CEATEC JAPAN 2008に行ってきた - エム・ティ・アイ編
CEATEC JAPAN 2008に行ってきた - ドコモ編
CEATEC JAPAN 2008に行ってきた - その他編
Amazon携帯電話ストア-ヘッドホン・イヤホン-携帯電話対応
Bluetoothバージョン
1.0b
 下り723.2kbps/上り57.6kbps
 最初のバージョン
1.0b+CE
 下723.2kbps/上57.6kbps
 1.0b修正版
1.1
 下723.2kbps/上57.6kbps
 安定、本格的な普及期版
1.2
 下723.2kbps/上57.6kbps
 2.4GHz無線LAN(802.11/b/g)干渉対策
2.0
 下723.2kbps/上57.6kbps
2.0+EDR
 下2178.1kbps/上177.1kbps
2.1
 速度は2.0(EDR)同様
 ペアリング簡略化
 バッテリー寿命延長
wikipedia
インフルエンザ対策


Amazon
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
SiteMaps
Google Sitemaps用XML自動生成ツール
  • ライブドアブログ