リモコンに関する情報です

ワイヤレス好きな管理人がBluetoothを紹介する

リモコン - ワイヤレス好きな管理人がBluetoothを紹介する

茶の間に30年来の革新 - 日経ビジネス2008.12.1記事

月曜日発売の日経ビジネス2008.12.1号の記事に、
「ソニー、ブルートゥース 茶の間に30年来の革新」という記事がありました。

30年来の技術である赤外線が中心のリモコンに、今技術革新が起きているという。「電波」を使ったリモコンだ。
ソニーの薄型テレビ「ブラビア」に昨年9月に発売されたモデル以降、32型以上のすべての機種に付属の「お気楽リモコン」は電波リモコンになっているという。
電波リモコンの利点は向きを気にせず使用でき、複数の機器と同時に通信でき、双方向通信が可能なこと。
規格は二つが標準規格として策定中で、一つはRF4CE(ラジオ・フリークエンシー・フォー・コンシューマー・エレクトリニクス)、もう一つは低消費電力ブツートゥース。これはリモコンに不要な機能を省き、通信量や半導体の負荷を減らすことで電力消費を抑えたもの。
「諸費電力は標準のブルートォースに比べて5分の1〜10分の1.一般的なテレビ用リモコンの場合、1年以上電池が持つことを目指している」

ぜひ記事をご参照ください。

ITPro記事 - 「[メーカー端末戦略編3]メーカー独自色の打ち出しに躍起 」

「[メーカー端末戦略編3]メーカー独自色の打ち出しに躍起 」

ITProの記事で、AV機器メーカーシャープの長谷川常務が
「家電との連携ではBluetoothがキーワードになる」
と言っており、記事では「Bluetoothを使って,家電を制御したりコンテンツを転送したりするといった用途が考えられそうだ」とある。

一方ロイヤル フィリップス エレクトロニクス、サムスン電子株式会社、ソニー株式会社、松下電器産業株式会社の4社が「家電4社がリモコン通信技術の新規格策定で合意」とある。現在のリモコン主流である赤外線ではサポートできない先進的な機能が求められており、「認可不要の周波数帯である2.4GHz帯のiEEE802.15.4のPHY/MAC方式をベースとし、低消費電力、高速起動が可能」で「見通し外操作(必ずしも操作する機材にリモコンを向けなくても良い操作)やAV機器とリモコン間の双方向通信などの高度な機能を実現するため、無線を活用した通信方式の作成に取り組む」とのこと。

リモコンとAV機器間は新規格、機器と他機器間ではBluetoothという住み分けが進んでいくのでしょうか。
Amazon携帯電話ストア-ヘッドホン・イヤホン-携帯電話対応
Bluetoothバージョン
1.0b
 下り723.2kbps/上り57.6kbps
 最初のバージョン
1.0b+CE
 下723.2kbps/上57.6kbps
 1.0b修正版
1.1
 下723.2kbps/上57.6kbps
 安定、本格的な普及期版
1.2
 下723.2kbps/上57.6kbps
 2.4GHz無線LAN(802.11/b/g)干渉対策
2.0
 下723.2kbps/上57.6kbps
2.0+EDR
 下2178.1kbps/上177.1kbps
2.1
 速度は2.0(EDR)同様
 ペアリング簡略化
 バッテリー寿命延長
wikipedia
インフルエンザ対策


Amazon
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
SiteMaps
Google Sitemaps用XML自動生成ツール
  • ライブドアブログ