レシーバに関する情報です

ワイヤレス好きな管理人がBluetoothを紹介する

レシーバ - ワイヤレス好きな管理人がBluetoothを紹介する

マルチミュージックレシーバ「PDX-Z10」にBluetooth接続する「AS-BT100」

00002243












パイオニア、DLNA対応でSACD/iPod再生可能なレシーバ−Bluetoothにも対応可能。2chデジタルアンプ搭載
AS-BT100

パイオニアから発売されるマルチミュージックレシーバ「PDX-Z10」がBluetoothアダプタポートを搭載し、別売のBluetooth「AS-BT100」の使用でBluetooth経由で音楽プレーヤの楽曲を再生することができる。2009/05月末発売予定
バージョン:2.0+EDR
出力クラス:Class 2
プロファイル:A2DP、AVRCP

Bluetoothはもちろんですが、iPod、USBマスストレージクラス、DNLA対応、FM/AMチューナ内蔵とまさにマルチぶり。

コレガからDock接続iPodスピーカー用Bluetoothレシーバ「CG-BT2MR01」

bt2mr01_500






コレガからDock接続iPodスピーカー用Bluetoothレシーバ「CG-BT2MR01」

コレガ、iPodスピーカー用Bluetoothレシーバ−Dock接続し、携帯電話などから音楽伝送 - AV Watch
ニュースリリース
製品URL

Dock接続するスピーカーに接続して、他のプレーヤやPC、携帯電話から音楽を転送して聴くことのできる装置。たいてい送る側につけるけど、受け手のスピーカー側につけるとは逆転の発想。Dockコネクタから電源供給。

バージョン:2.1+EDR
出力クラス:Class 2
プロファイル:A2DP

ロジテックからBluetoothレシーバ、トランスミッター

logilogi2






ロジテック、Bluetooth対応レシーバなど3モデル −可動式プラグを採用。実売6,980円 - AV Watch
LBT-AT100C2 製品URL
LBT-AR100C2 製品URL
LBT-AR101C2 製品URL

ロジテックからBluetooth対応のトランスミッタとレシーバ合わせて3モデルが発売されるとのこと。
トランスミッタ「LBT-AT100C2」(11月上旬)とレシーバ「LBT-AR100C2」(10月下旬)。また、シガーソケットアダプタとレシーバのセット「LBT-AR101C2」(11月上旬)の3モデル。バージョンはBluetooth 2.1+EDR。充電はUSBで。

対応プロファイルはA2DPで、レシーバのみAVRCPもサポート。SCMS-Tの著作権保護方式にも対応し、ワンセグの音声をワイヤレスで送受信することもできる。
レシーバは、英国Wolfson Microelectronicsの3Dオーディオ技術「Wolfson Audio Plus 3Dオーディオポジショナルテクノロジー」を搭載。広がりのある音場空間で、臨場感や迫力のあるサウンドが体験できるという。共通で、ステレオミニの可動式プラグを採用。収納時は折りたたむこともできる。また、接続が途切れたとき自動的に電源をOFFにする「オートパワーオフ機能」も搭載。

受信機のステレオミニプラグをオーディオのLINE IN端子に接続して携帯オーディオプレーヤ内の音楽を楽しむことができる。
っていうか今後はオーディオ機器にBluetoothを搭載して受信できるようになるんじゃないの?

Amazon携帯電話ストア-ヘッドホン・イヤホン-携帯電話対応
Bluetoothバージョン
1.0b
 下り723.2kbps/上り57.6kbps
 最初のバージョン
1.0b+CE
 下723.2kbps/上57.6kbps
 1.0b修正版
1.1
 下723.2kbps/上57.6kbps
 安定、本格的な普及期版
1.2
 下723.2kbps/上57.6kbps
 2.4GHz無線LAN(802.11/b/g)干渉対策
2.0
 下723.2kbps/上57.6kbps
2.0+EDR
 下2178.1kbps/上177.1kbps
2.1
 速度は2.0(EDR)同様
 ペアリング簡略化
 バッテリー寿命延長
wikipedia
インフルエンザ対策


Amazon
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
SiteMaps
Google Sitemaps用XML自動生成ツール
  • ライブドアブログ