ワイヤレスに関する情報です

ワイヤレス好きな管理人がBluetoothを紹介する

ワイヤレス - ワイヤレス好きな管理人がBluetoothを紹介する

ワイヤレスジャパン2009に行ってきた - ドコモ編

行ってきましたワイヤレスジャパン2009
日食騒ぎの曇り空にもめげず午前中から出撃。

と意気込むも、隣の「鉄鋼技術展」のほうが目立ってます。
P1020834









「サーモテック2009」も面白そうです。
P1020836









「ジャパンインターナショナルシーフードショー」に至っては大ヒットした?「おさかな天国」がガンガン流れ、紅白の幕やぼんぼりでお祭り状態。
P1020837









それにくらべ「ワイヤレスジャパン2009」は質素です。世相を反映しているのでしょうか。
P1020835















まずはドコモのブース。
P1020838








以前報じた
「ドコモからデジタルペン(Bluetooth)を用いた法人向けASPサービス「MobilePenサービス」の提供開始」
ことのあるMobilePenが展示されていました。
P1020839










ペンと携帯電話の間がBluetoothで接続されています。
P1020842







P1020850









続いて「アクティブタグを用いたサービス実証」
P1020853







P1020851









「アクティブタグストラップ」を一緒に持ち歩くことで、その場に即した情報を得られる仕組み、というものでしょうか。
ドコモが沖縄県名護市で行う「ケータイ旅人サービス」とは
P1020852







P1020855













P1020879









とここまでで、ドコモのBluetoothは終わりです。
CEATECに比べると地味かな。着実にインフラと化してきたのか。

別の興味でステージを見てみました。
健康機器と健康サービスをつなぐ「ウェルネスサポート」。
P1020858









携帯電話各社は「ウェルネスサポート」に力を入れているようですね。
P1020860









こんなところにBluetoothの文字が。
P1020861









左側のプロダクト、右側のサービスをドコモの携帯電話がつないでいくという図。
P1020862









ドコモのビジネスとしては、これらパートナ企業へバイタルデータを提供していくことだそうです。
Bluetoothに「検証中」との不安な文字が。
P1020863









こちらでは「検討中」との記述。現在は赤外線とFeliCaがメインで、今後Bluetoothに対応していくとのこと。てっきり対応しているのかと思っていました。
P1020865









FeliCaポートに置いて計測結果を携帯電話から送信。これならBluetoothで充分な気がします。

モトローラからヘッドセット、ワイヤレススピーカーなどBluetooth4機種「H390」「H780」「EQ5」「EQ7」

モトローラ、ヘッドセットやスピーカーなどBluetooth対応4製品 - ケータイ Watch
モトローラ×JBLのBluetoothスピーカー登場 - ASCII.jp

モトローラからBluetoothヘッドセット2機種、ワイヤレススピーカー2機種が発売。一挙に四機種です。
3015204_1









「H390」
店頭予想価格4,980円と低価格Bluetoothヘッドセット。
バージョン:2.0+EDR
出力クラス:Class 2
プロファイル:HSP、HFP



3015204_1 (1)









「H780」
人混みの多い屋外、空港などの使用時にも周囲の騒音を大幅に低減しクリアな通話を可能にするCrystalTalk技術を搭載したBluetoothヘッドセット。店頭予想価格はちょい高め10,800円。マルチコネクション機能搭載で同時に2台の携帯電話と接続できる。
バージョン:2.1+EDR
出力クラス:Class 2
プロファイル:HSP、HFP



3015204_1 (2)









「EQ5」
Bluetoothワイヤレススピーカー。SCMS-Tもサポート。
リチウムイオン充電池を内蔵し、ACアダプターでの利用も可能な2電源。
バージョン:2.0+EDR
出力クラス:Class 2
プロファイル:A2DP、AVRCP、HFP

3015204_1 (3)









「EQ7」
BluetoothワイヤレススピーカーだがJBLのスピーカーユニットを搭載する。音楽を聴くだけでなくSCMS-Tにも対応。HFPもあるので携帯電話のハンズフリーとしても機能する。
バージョン:2.0
出力クラス:Class 1
プロファイル:A2DP、AVRCP、HFP

出力クラスはClass 1なので通信可能距離は最大100m。

Motorola、音楽携帯「MOTOROKR EM35」発表

yu_moto






Motorola、音楽携帯「MOTOROKR EM35」発表 - ITmedia

Motorolaから音楽携帯「MOTOROKR EM35」発表。
もちろんBluetooth対応で音楽を聴くことができる。

第2回 Bluetoothで“音”編その1「ヘッドセット」 - 本城網彦のネットブック生活研究所

第2回 Bluetoothで“音”編その1「ヘッドセット」 - 本城網彦のネットブック生活研究所

PC Watchの本城網彦のネットブック生活研究所で「第2回 Bluetoothで“音”編その1「ヘッドセット」」が掲載されている。
ネットブックに合わせ、Skype向けのヘッドセットを探していながら音の良いヘッドセットへ進んで行ってしまうという記事。
「Bluetake BT400G3」「DR-BT21G」が紹介されており、その2へ続いていくとのこと。

第3回 Bluetoothで“音”編その2「スピーカー」 - 本城網彦のネットブック生活研究所

デルからBluetooth Ver. 2.1+EDR搭載のビジネス向けミニノート「Vostro A90」が発売される

001l




8GB SSD & 8.9型ワイド液晶搭載のビジネス向けミニノート「Vostro A90」 - マイコミジャーナル
デルからスモールビジネス向けPCブランド「Vostro」シリーズの新製品として、8.9型ワイドWSVGA(1,024×600)液晶搭載ミニノートPC「Vostro A90」が発売されるとのこと。

もちろんBluetooth搭載。しかもバージョンは2.1+EDR。
本体組み込みで2.1+EDRはまだ珍しいかな。

重量約1kgはうれしい。ミニノートは1kgを切ってくれないと買う気になれない。そうでないと今持っているThinkpad X60sで充分。

ゼンハイザー製のBluetoothヘッドセット「MM 200」を10月17日に発売

mm200a




ゼンハイザー製のBluetoothヘッドセット「MM 200」を10月17日に発売

MM 200製品情報
ジェイド、ゼンハイザー製のBluetoothヘッドセット - AV Watch
株式会社ジェイド コーポレーション
プレスリリース - ValuePress!

株式会社ジェイド コーポレーションからゼンハイザーコミュニケーションズ製のカナル型イヤフォン採用ヘッドセット「MM 200」が発売されるとのこと。
価格は21,840円(税別)とちょっと高価なだけあって細かいところまで気配りされている。
ネックストラップで首からのぶら下げや、付属のクリップで衣服に留めることが可能。
着信応答/終話機能や音量調整、曲戻り/曲送り等ができる
イヤースリーブが3サイズ(S/M/L)付属
MP3プレーヤーと携帯電話など同時に2つのBluetooth機器に接続可能でシームレスに切り替えが可能
3種類の音量を個別に調整可能:通話時の受話音、音楽/ワンセグ再生音、 着信音

仕様は以下のとおり。
バージョン:2.0+EDR
出力クラス:Class 2
電源:内蔵型リチウムポリマーバッテリー
充電時間:約3時間(初回のみ4時間以上)
再生時間:最長9時間
通話時間:最長11時間
待受時間:最長300時間
プロファイル:HSP、HFP、A2DP、AVRCP
コンテンツ保護対応:SCMS-T方式
サイズ:操作ユニット部 W20mm x H61mm x D13 (イヤフォン部、ケーブル部除く)
重量:28g(衣服留め使用時は30g)
充電システム:USB充電、ACアダプター、カーチャージユニット
耐久性の高い厳選素材の使用による安心の2年保証

ゼンハイザーコミュニケーションズ
ゼンハイザーエレクトロニック社(ドイツ)とウィリアムデマント社(デンマーク)のジョイント・ベンチャー

amazonでは19,423円(税込)で予約注文がスタートしております。

[新製品]2008/10/01発表発売の製品一覧

「MM-BTMH12」「MM-BTMH13」 - サンワサプライ
2008/10上旬より
・「MM-BTMH12」 - ヘッドセット
MM-BTMH12BK_MA






MM-BTMH12BK(ブラック)MM-BTMH12SV(シルバー)
MM-BTMH12 製品URL
バージョン:2.0
クラス:Class 2
プロファイル:HSP、HFP



・「MM-BTMH13」 - ヘッドセット
MM-BTMH13BK_MA






MM-BTMH13BK(ブラック)MM-BTMH13GD(ゴールド)MM-BTMH13SV(シルバー)
MM-BTMH13 製品URL
バージョン:2.0+EDR
クラス:Class 2
プロファイル:HSP、HFP



・「SKB-BT11BK」 - キーボード
SKB-BT11BK_MASKB-BT11W_MA






SKB-BT11BK(ブラック)、SKB-BT11W(ホワイト)
SKB-BT11
バージョン:2.0
クラス:Class 2
プロファイル:HID




Bluetoothヘッドセット「DR-BT160AS」 - ソニー

dr-bt160as




ソニー DR-BT160AS ステレオBluetoothヘッドセット - engadjet japanese

欧ソニーから新しいBluetoothヘッドセット「DR-BT160AS」が発表されました。

こ、これはくすぐられますね。近未来的。
スーツには合わないかもしれませんが。

ネックバンド部分の硬さがどんなものなのか気になるところ。

A2DP、AVRCPに対応し、ハンズフリー会話もできることからHFP、HSPにも対応していると思われる。

ハイエンドAtomノート選び 5つのポイント - ASCII.jp

「ハイエンドAtomノート選び 5つのポイント」

ASCII.jpでAtomノート選びの記事が出ています。
KOHJINSHA SC、FMV-BIBLO LOOX U/B50、WILLCOM D4 Ver.L WS016SH(B)Pを比較しており、全機種Bluetooth搭載です。
バージョンはWILLCOM D4だけ2.0+EDRで、他は2.1+EDRです。
Bluetooth搭載が当たり前の世の中になりつつありますね。

プリンストンテクノロジーからインナーフック方式のBluetoothヘッドセット「PTM-BEM4」発表

03






プリンストンテクノロジーからイヤーフック部分が少し変わったBluetoothヘッドセット「PTM-BEM4」が2008/09下旬に発売されると発表。
日経トレンディネット
製品URL

これまでジャストフィット、装着も簡単というヘッドセットに巡り合ったことはないのですが、この方法は面白そう。耳の内側のくぼんだ部分にフックをひっかけるインナーフック方式とのこと。
買いてー。でもバージョン2.1じゃないのはなんでだー。次買うなら2.1って決めてるのに。
バージョン:2.0+EDR
プロファイル:HFP、HSP
Amazon携帯電話ストア-ヘッドホン・イヤホン-携帯電話対応
Bluetoothバージョン
1.0b
 下り723.2kbps/上り57.6kbps
 最初のバージョン
1.0b+CE
 下723.2kbps/上57.6kbps
 1.0b修正版
1.1
 下723.2kbps/上57.6kbps
 安定、本格的な普及期版
1.2
 下723.2kbps/上57.6kbps
 2.4GHz無線LAN(802.11/b/g)干渉対策
2.0
 下723.2kbps/上57.6kbps
2.0+EDR
 下2178.1kbps/上177.1kbps
2.1
 速度は2.0(EDR)同様
 ペアリング簡略化
 バッテリー寿命延長
wikipedia
インフルエンザ対策


Amazon
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
SiteMaps
Google Sitemaps用XML自動生成ツール
  • ライブドアブログ